Vivo・新興国市場から世界へ

Vivo・新興国市場から世界へ

Vivoは中国を本拠地とする電機メーカーで2009年に設立されました。
リーズナブルなミドルクラススマートフォンを得意としていて、東南アジアやインドなど新興国市場で大きなプレゼンスを誇ります。
 
2012年に「X1」を発表。2013年には2Kという高解像度を誇る「Xplay3s」を発表し、マーケットでの存在感を高めました。
中国国内では深圳と南京に開発とリサーチの拠点を設けています。
 
インドでは非常に大きなプロモーション活動を行っており、サッカー・インドプレミアリーグのスポンサーを務める他、
カバディリーグのスポンサー契約も締結しています。
 
東南アジアではタイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、フィリピンで既に認知度が高く、
今後はカンボジアやラオス、ミャンマーにも展開を予定しています。
 
ロシアや南アジア周辺の新興国への攻勢も強めていて、パキスタンにおいては、国内スマホ市場で急速に伸びたブランドとして認知されています。
開発するスマートフォンはスタイリッシュでスペックが高い割にはリーズナブルな値段で人気を集めていますが、
それと同時にプロモーション活動も非常に熱心に行っています。
前述したように、サッカーのインドプレミアリーグのスポンサーを2022年まで務めることが決まっているほか、
2018年と2022年のFIFA World Cupでは、Vivoがオフィシャルスマートフォンとなることが既に決定しています。
 

大規模スポーツイベントを通して世界へ浸透を狙う

Vivoは「2018 FIFAワールドカップロシア大会」のオフィシャルスマートフォンですが、
このワールドカップのためにスペシャルバージョンのスマホを発表しています。
 
Vivoによると、FIFAとのパートナーシップは、ワールドカップのような世界的なイベントの際に、Vivoのブランドを、
より多くの若者に知ってもらう手助けになると考えていて、海外市場でより大きなプレゼンスを確保するため、
引き続きファン獲得のための活動を続けていきたいと考えているとのことです。
 

元々得意とするオーディオがスマートフォンにも生きる

Vivoはパーフェクトなサウンドと、最先端の技術を投入したカメラで、おもに若者にアピールするスタイリッシュなスマートフォンを製造しています。
2009年の設立以降、東南アジアやインドなど新興国市場で大きな成功をおさめました。
 
VivoはHi-Fiオーディオチップをいち早くスマートフォンに取り入れました。これは「X1」と呼ばれるスマートフォン専用のHi-Fiチップです。
このオーディオチップを採用したスマートフォンで、Vivoはオーディオ性能に優れたスマートフォンというイメージをスマホ市場に植え付けました。
 

カメラにも自信

最先端の技術を惜しみなく投入し、Vivo自体、最も自信を持っているフィーチャーがカメラです。スマートフォンで撮影する画像を芸術の域にまで昇華させることも可能なハイスペックカメラは、ユーザーの生活におけるすばらしい瞬間を記録してくれるパートナーとなることでしょう。


 
中国・スマホ購入

oppo(オッポ)スマホ購入・日本

vivoスマホ購入・日本

xiaomi(スマホ・タブレット)

日本でも使えるガラケー

Simを日本で購入

meizu スマホ

cat スマホ

海外 honor 購入